寂しげなアタマ!ミノキシジル入りのログインですぐに解決

有効成分ミノキシジル

ミノキシジルとは、医薬品として認められている育毛剤です。
もともとは、血管拡張薬で高血圧などに使われていましたが、後に発毛に効果があるとして育毛剤になりました。
頭に直接塗るタイプとタブレットタイプがあります。
頭に直接塗るタイプのものは、あたまのてっぺんのみに使えます。
額の生え際などに塗ってしまうと、有効成分が浸透する前に液だれしてしまうので使えません。
日本でミノキシジルが含まれている育毛剤では、リアップというものが有名です。
リアップは、薬局などでも購入することができます。
また、外国ではロゲインという名前で売られています。
ロゲインやタブレットタイプのものは、個人輸入で買うことができます。


薄毛になるしくみ
毛乳頭・・・血液から栄養や酸素をキャッチして、毛母細胞へ渡す。
毛母細胞・・・栄養や酸素をもらい、細胞分裂する。
このように、毛乳頭が血液と毛母細胞の橋渡して、毛母細胞が細胞分裂をすると髪が伸びていきます。
つまり、頭皮にある毛母細胞に栄養が行かないと・・・薄毛の原因になります。
栄養を届けるにも、血液の流れが大事です。
血行が悪いとその分栄養の流れも悪いので薄毛になってしまいます。
血行を良くして、毛母細胞に栄養を届けてあげましょう。

ミノキシジルの効果
ミノキシジルは、血管を拡張させる効果があるので、血液の流れをよくします。
血行がよくなると、栄養が頭皮にいき、細胞が活発になるので育毛効果が。
また、ロゲインもミノキシジルを同じ量含んでいるので同じ効果を発揮します。
3~4ヶ月使用している人では約80%、1年使用している人では90%以上の人が効果を感じています。
しかし、よく効く薬には必ず副作用もあるもので、ミノキシジルにもさまざまな副作用が現れます。

ミノキシジルの副作用
ミノキシジルの副作用が起こる割合は約9%と高くはないですが、でないとは限らないので注意が必要です。
・頭皮のほてりや発疹
・頭皮のかゆみ
・多毛症
・低血圧による動悸やめまい、倦怠感など
エタノールなども含まれているので、アルコールが弱い人は特に気をつけたほうがいいかもしれません。
また、タブレットタイプは、塗るタイプよりも効果が強いので、副作用がでやすいとも言われています。